スポンサーリンク

TrueMove H 4G LTE SIM を維持して使う方法 2017年12月版

※2017年12月現在の情報です。

僕はタイ滞在中 IP 電話を使いたいので高速データ通信回線が必須です。それも到着してすぐに使い始めたい。おまけに毎回空港で SIM を購入するのも面倒勿体ない。ということで現在では TrueMove H の 4G LTE SIM の有効期限を延長して維持しています。

その方法をまとめてみました。

TrueMove H の 4G LTE SIM を購入する

まずは TrueMove H の 4G LTE 対応 SIM を購入します。

MBK のショップで入手した TrueMove H 4G LTE SIM のパッケージ。

MBK のショップで入手した TrueMove H 4G LTE SIM のパッケージ。

TrueMove H の SIM は以下で購入可能です。

  • ドンムアン空港のターミナル1・1F コンコースにある売店(True 以外も売ってます)
  • スワンナプーム空港の 2F コンコースにある True のショップ(24時間営業)
  • Terminal 21 や MBK センター(マーブンクロンセンター)にある True のショップ
  • MBK センターにある True の SIM を扱っているショップ

初めてタイに行くのであれば空港で購入するのが便利です。

※2016年11月現在の情報です。 何はなくとも、旅先ではまず通信手段の確保が第一です。この記事では SIM ロックフリーのスマートフ...

価格は『有効期限 7日間の 2.5GB の高速通信・容量無制限の WiFi 接続・100バーツ分の通話とSMS付き』で約 200バーツです。

僕は MBK のショップで「4G Net SIM」本体と「有効期限 7日間で 1GB の 4G LTE 通信と 1GB の 3G 通信と容量無制限の WiFi 接続」付きで、多分 300バーツぐらいで購入。2015年11月頃だったのでちょっとお高めでした。

購入直後に送られてくる SMS を確認

購入直後に送られてくる SMS の内容はこんな感じ。

以下は 2015年11月頃の SMS なので現在とは詳細が異なりますが内容は概ね同じです。

 

WiFi のパスワードの取得方法、データ通信の残容量の確認方法についての案内が含まれています。

WiFi のパスワードの取得:『*871*4#』 にダイヤル

データ通信の残容量の確認: 『*900#』にダイヤル

また、この時点で SIM の有効期限が 2015年12月5日までという案内も含まれています。2015年11月5日に購入したのでちょうど 30日間有効です。

さらに僕は 200バーツをその場でトップアップ(※後述)してもらって SIM 自体の有効期限(通信パッケージの有効期限ではない)を延長しました。

200バーツを追加した時点で SIM の有効期限が 2016年1月4日までになり、ちょうど 30日間延長されました。

以下はおまけ。契約直後の 4G LTE 回線の速度計測結果は以下のような感じ(MBK 4階で計測)。

IP 電話アプリを使うのに十分な速度です。

SMS の言語を英語に変更する

購入直後の True からの案内 SMS は英語でしたが、これ以降の SMS は タイ語で送られて来ます。いちいち翻訳するのも面倒なので英語に切り替えます。

SMS と IVR の言語を英語に変更:『9304』にダイヤル →『2』をプッシュ

これで SMS と IVR(自動音声応答)が英語に切り替わります。

SIM の有効期限を延長する

TrueMove H の SIM の有効期限を延ばす方法は 2つあります

トップアップして有効期限を延長

「トップアップ」とは、SIM にクレジット(お金)を「チャージ」することです。

TrueMove H に限らず、プリペイド SIM は「トップアップ」することで SIM を維持(SIM 自体の有効期限を延長)できるのが一般的です。

日本にいながらトップアップ

日本にいながらトップアップすることができれば、渡航せずとも SIM の有効期限を延長して維持することが可能です。日本からトップアップする方法としては、

  1. True のサイト内の『TrueMove Easy Top Up by Credit Cards』からクレジットカードでトップアップ
  2. 代行業者に申し込んでトップアップ

のいずれかです。

僕はデビットカードしか持っていないのですが、1. の方法を試したところ、楽天銀行 VISA デビット・JNB VISA デビット・Vプリカ のいずれも NG という結果。

仕方ないのでネタとしても面白い 2. の代行業者を使ってみました。トップアップされたかどうか確認するためにタイ滞在中に試しました。また、金額による延長期間の違いも確認したいので 300バーツ分をトップアップ。

僕が使った代行業者は以下。

参考 Recharge a mobile phone from True Move network

300バーツ分で 16.48ドル(USD)。為替レートを考えると高いけどまぁ許せる範囲。念の為、捨てアドと Vプリカを使って申し込み。

結果は…申し込んで 10秒後には無事トップアップされました(ホッ)。

この時点で SIM の有効期限が 2016年2月3日までになり、ちょうど 30日間延長されました。ということでトップアップの金額が 200バーツでも 300バーツでも延長期間は変わらないという結果になりました。つまり、

少額でもトップアップすると、現在の有効期限に 30日間プラスで延長される

と予想されます。300バーツをトップアップするより 100バーツを 3回トップアップしたほうが期間が延長されそう。

現地滞在中にトップアップ

「ほな、現地滞在中に低額で複数回トップアップしたらええんちゃうの?」ということになります。試してみました。

TrueMove のトップアップはセブンイレブンで出来ます。

セブンイレブンのレジで「TrueMove topup.」と伝えると「How much Baht?(何バーツ分?)」と聞き返されますので、購入したい金額(金額は決まっていて、50・90・150・300・500・1000バーツのいずれか)を伝えます。

今回は実験のために「50バーツを 2つ」購入しました。

チャージ用の番号が書かれたレシート

トップアップ用の 14桁の数字が印刷されたレシート(スリップ)を渡されました。早速トップアップしてみます。

レシートに書かれているように「*123*」(要レシート確認) に続けて 14桁の数字を入力し、最後に「#」を入力してから発信します。すぐに画面上にトップアップされたというメッセージとともに現在のクレジット残高(バランス)と有効期限が表示され、SMS でも通知されます。SIM の有効期限が 2016年3月4日までになり、やっぱり30日間延長されました。

「*123*」+14桁の数字+「#」 トップアップ後のメッセージ

さらに残りの 50バーツ分をトップアップしたら、SIM の有効期限が 2016年4月3日までになり、30日間延長されました。

さらに50バーツ分トップアップ

数カ月に1度しか訪タイしない場合でも、この方法を使えば SIM を維持できます。僕の場合は 3ヶ月延長できれば十分なので、最長どこまで延長できるのかは試していません。

ちなみにセブンイレブンでのトップアップの方法は何種類かあるようで、ここで紹介した 14桁の数字が印刷されたレシートを受け取る以外に

という方法があるようです。

たまに電話番号打ち込み方式らしき対応を店員さんにされることがあるので、その場合は「ノーノー。スリップ、プリーズ。」ともろジャパニーズイングリッシュで伝えれば大丈夫で、「スリップ」と言っておけば通じます。

有効期限を購入して延長

こちらの方法はトップアップより簡単です。そのものずばりで有効期限を購入することで延長できます。

参考 เพิ่มวัน ซื้อวัน เติมวัน ทรูมูฟ ด้วยบริการเพิ่มวันทันใจ – truemove H

ซื้อวันทรูมูฟ เติมวันทรูมูฟ
รับวันเพิ่ม +30 วัน กด *934*30# โทรออก
ค่าบริการครั้งละ 2 บาท

รับวันเพิ่ม +90 วัน กด *934*90# โทรออก
ค่าบริการครั้งละ 6 บาท

รับวันเพิ่ม +180 วัน กด *934*180# โทรออก
ค่าบริการครั้งละ 12 บาท

เพิ่มวัน ซื้อวัน เติมวัน ทรูมูฟ ด้วยบริการเพิ่มวันทันใจ – truemove H より引用

  • 30日間延長 2バーツ:『*934*30#』にダイヤル
  • 90日間延長 6バーツ:『*934*90#』にダイヤル
  • 180日間延長 12バーツ:『*934*180#』にダイヤル

ただこの方法は「90日以上の有効期限がある」または「200バーツ以上の累積利用実績がある」「200バーツ以上のクレジット残高がある」ことが条件です。

twitter でご指摘いただいたので(多謝!)再度確認してみたところ「クレジット残高 200バーツ以上」ではなく累積の利用額が 200バーツ以上」、ということのようです。当該部分を翻訳してみると確かに「accumulated usage of 200 baht or more」でした。 僕、英語もタイ語もぜんぜんやなぁと改めて実感。

2017年12月の訪タイ時に試してみました。有効期限購入前の状態は以下の感じ。SIM の有効期限は 2018年7月22日までで(残り 220日)、クレジット残高(バランス)が 120.59バーツ(TrueMove の iService アプリで確認)。

とりあえず試しなので 30日間延長・2バーツを試してみます。『*934*30#』にダイヤル。

 

「30日間延長された」というシンプルな SMS が届きました。

念のためダイヤルコマンドでも確認してみます。

現在の状態を確認:『#123#』にダイヤル

ちゃんとSIM の有効期限が 2018年8月21日までになり、30日間延長されています。クレジット残高(バランス)も 2バーツ+VAT分 0.14バーツの 2.14バーツが引かれています。

 

念のため TrueMove の iService アプリでも確認しました。

今回は「90日以上の有効期限がある」と「200バーツ以上の累積利用実績がある」という両方の条件を満たした状態で延長ができました(片方だけの場合は不明です)。

SIM の維持だけが目的ならこれで十分かも。手持ちの SIM を国際ローミング可にしておいて、クレジット残高(バランス)を十分トップアップしておけば、日本にいるときでも延長できそうです。

The app was not found in the store. 🙁

データ通信用のパッケージを購入する

トップアップして有効期限延長+クレジットチャージしておけば、次回の訪タイ時、残っているクレジット残高を使ってデータ通信用のパッケージを購入(トッピング)することで、すぐにデータ通信を使えるようになります。

パッケージのトッピングはダイヤル操作で行ないます(データ通信不要)。

僕の場合は「1ヶ月~2ヶ月おきの渡航・滞在 4日間程度・通信量 1GB 以内で十分」なので

  • Double 4G Topping Package 59』… データ通信量 800MB・有効期限7日間・価格 59バーツ。*900*1925#』にダイヤルして購入
  • Double 4G Topping Package 99』… データ通信量 1GB・有効期限7日間・価格 99バーツ。*900*1926#』にダイヤルして購入

のいずれかを購入します。僕は普段は 59バーツのほうを買っています。足りなくなったら再度 59バーツで追加します。到着してすぐのイミグレの待ち時間にトッピング。

 

トッピングが有効になったら SMS で通知が送られてきます。

パッケージ『Double 4G Topping Package 59』を毎回購入するなら、タイ滞在中に現地のセブンイレブンで 50バーツを 2つトップアップしておけば良いかな。VAT(付加価値税。日本の消費税に相当。額面の 7%)も考えると 59バーツぴったりではありませんので、余裕をもってトップアップしておくと良いと思います。

トップアップした分は音声通話料金としても充当されますので、音声通話をよく使うという人は残高に要注意です。

その他のプリペイド SIM 用のパッケージは以下を参照。

参考 Truemove H Topping Package for prepaid

Auto-Renewal のパッケージには注意

余談ですが「Auto-Renewal ×× Days」のパッケージはトッピングしないように注意してください。指定日数経過後、同じパッケージが自動的にトッピングされてしまいます。

ええ。やっちゃいましたよ。僕は。

もし Auto-Renewal のパッケージをトッピングしてしまったら、TrueMove のサイトの問い合わせフォームから「間違って追加しちゃった!」と連絡すれば取り消し方法を教えてくれます。

まとめ

  1. TrueMove H 4G LTE 対応のプリペイド SIM を購入する
    ドンムアン空港の売店や MBK 内のショップ、True ショップなどなどで購入可
  2. タイ滞在中にセブンイレブンでトップアップ or 日本からオンラインでトップアップ or タイ滞在中に有効期限を購入して延長
  3. 次回タイに行ったときにデータ通信用のパッケージを購入するとすぐ使える
    『Double 4G Topping Package 59』なら *900*1925# に発信

参考 TrueMove H プリペイドのダイヤルコマンド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 甚六 より:

    もっと早く知っていれば。
    こんなに賢い使い方があるなんて知りませんでした。
    5年前からタイに年3回は行っているのに、毎回、空港で新しい30日SIMを買っていました。
    なんと無駄な事をしていたのでしょね。
    明日からバンコクに出かけます。
    まずは7日間のSIMを買ってみます。
    後はセブンイレブンかショッピングモールでTOPUPをしてみます。
    180日間延長もしてから帰国するようにします。
    ありがとうございました。

  2. yu より:

    甚六さん、コメントありがとうございます。
    僕も最初のうちは毎回買ってました。

    180日延長は、50バーツ×3回トップアップして90日以上の有効期限にしておいてから、90日延長購入6バーツでいけるかな、と思います。

    明日からバンコクですかー。ええなー。楽しんで来てくださいね。

  3. […] TrueMove H 4G LTE SIM を維持して使う方法 2017年12月版 […]

  4. けんけん より:

    参考にさせて頂いてます。
    「90日以上の有効期限がある」と「200バーツ以上の累積利用実績がある」の条件ですが、200バーツ以上の利用実績のみで、問題なく延長できました。
    また、有効期限が10日ほど過ぎた状態だったのですが、空港のTrueのお店でそのまま使えるか聞いてみたところ、SIMを買い直しすることなくトップアップしてくれました。最低の50Btで30日。チャージされていた分も復活しました。
    ご参考まで。